配達・ケータリングを頼むタイミング

アヒージョ

ケータリングをする業者は急速に増えていますので、皆さんや周りでもそういったサービスを使っているという人も多いでしょう。大きな催しなどにつかわれることが多いように思います。もちろんホームパーティなどでも使いますし、そういう小さい規模のパーティならサプライズとなるでしょう。
 

 

ケータリングをする業者は他にも司会進行やビデオ撮影など多岐にわたるサービスを請け負っています。サービスの数も多いですから逆に使い時が良く分からないと思う人も多いでしょう。とりあえず適当に使ってみるというのもいいですが、今回はいつケータリングを使うのかについて考えて見ます。とりあえずは楽がしたいときですね。業者によっては後片付けまで全てやってくれるところもあります。お皿などは洗わなくていいし、ごみもでない。料理も目の前でしてくれて見ているだけで面白いでしょうし、ゴミも持って帰ってもらえる。至れり尽くせりです。何よりプロが作った料理を作りたてで食べられるというのが一番のメリットでしょうか。しかしながらサービスが多ければ多いほど費用もかかります。一人以上の人間を拘束して、人件費だけでなく材料や機材のレンタル料など諸々全て払うわけですから。ホームパーティレベルならある程度お金を掛けていい、大きなお祝い事のときに限られるでしょう。もしくは安いコースがある業者に頼むかです。その場合は上記のいたれりつくせりのサービスが少なくなるでしょう。サービスの選択も相談に乗ってくれるところがあるでしょうから、まずは業者にメールか電話をしてください。